家庭と仕事の両立は難しい

結婚や出産を経験している女性にとって、家庭と仕事の両立はかなり難しいことです。そのため、女性は男性より昇進を望まない傾向にあるようです。管理職になってしまうと会社での責任が重くなってしまい、家庭に影響が出るとのことです。フルタイムで働く女性の平均勤続年数が伸び続けているのに昇進を望む女性は少ないのです。両立ができない原因として、職場の理解が足りないことも挙げられていました。家庭を持っているとなかなか残業ができなくなります。忙しい時でも残業できない場合もあるので、職場の理解がないと人間関係が気まずくなってしまいます。また、職場によっては育児休業を取りにくい環境の会社もあるようです。育児休業は厚生労働省が働く女性を守るために定めた制度ですから、本来ならば積極的に活用するべきなのですが、企業によっては厳しいようです。確かに企業としては長期で休業させるわけで、その間の給料保証をしなければなりませんから企業からすると活用して欲しくないのが本音でしょう。他にもお仕事と家庭の両立が難しい理由としては体力もあるようです。家事や子育てには相当な体力が必要となります。そして、働くとなると身体に相当な負担がかかりますから、体力的な問題で両立を断念する人もいるでしょう。両立を目指して頑張っていて体を壊してしまったら元も子もありません。かえってマイナスになるでしょう。そうならないためにも家庭とお仕事の両立は無理をしてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です