一般的に女性の平均年収は男性より少ない

男女雇用均等法ができて暫く経ちますが、男性と女性の年収の差はまだかなりあります。同じ職業では年収は変わらないでしょう。ですが、女性が多く活躍する職業は比較的、年収が高くないのが多いです。女性に人気の職業である幼稚園教諭や保育士も給料が高いというわけではありません。また、販売員や歯科技工士もそれほど高い給料でありません。スーパーのレジ係も女性が多いですがやはり給料はそれほど高くありません。事務職などは初任給から高くなく、昇給も比較的低いようです。男性が多い職場の方が比較的年収が高い傾向があるようです。だからといって、どの職業でも女性の年収が低いわけではないのです。医師や教師、研究者など男性と同じ仕事をこなす職業は男性と変わらない年収となります。女性の憧れの職業であるキャビンアテンダントも正社員であれば高い年収となるようですが、正社員以外であれば年収は低いと言われています。看護師は高い年収となりますが、それは若い夜勤があるというのも関係しています。看護師も管理職になると夜勤が無くなり年収がほとんど上がらなくなります。20代では高い年収であっても、年齢が上がると追い越されてしまうのです。女性の年収をインターネットで検索すると、多くのサイトが出てきます。その中には年収500万円を越えると勝ち組と書いているサイトもありました。男女雇用均等法とはいっても男性にしかできない職業、女性にしかできない職業があります。女性にしかできない職業、もしくは女性と男性が全く同じ条件でお仕事ができる職場では比較的年収が高いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です